転職活動を行っていると面接のときに間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動中に、面接で間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていると面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。このうち志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある給料に関する不満、人間関係の問題など、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そのあと、「入社したなら、〇〇をしたいです」、3年後にはこうなっていたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

転職活動をするときに気を付けて欲しい求人の募集内容は…

就職活動をする場合に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが非常に多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料形態に残業代を入れておくという仕組みです。仮に『みなし残業代35時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」という話になるわけです。ただし、悪質な求人情報ではこの『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでよく気を付けてください。

転職活動をスタートするときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてか・・

転職活動を行うときに、まずは今の会社を退職してからという人もいるでしょうが、そういったときにはボーナスをもらえる日について事前に確認しておきましょう。ボーナスが支給される会社はほとんどですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが入る日がすぐそこまで迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるというやり方もうまいやり方です。ボーナスはそれなりにたくさんもらえると思うので、もらっておかないともったいないとも明白ですから、退職をする際にはボーナスの支給時期についてまず第一に確かめておくと賢明なやり方です。

派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないこと・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年ごとに任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職を経験して気付かされました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐに子供を持ちたかったので、それまでの間のために1年半~2年だけ今までのそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、月収は安かったですが仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはみなさん10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、悩みが増えました。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、…

政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも次の世代の明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化を受けたことで、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。ここ最近では、「外国人の労働者」の比率を増やしていくつもりでいるであると現内閣は宣言しています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくのは確実といえます。

転職するための期間中は、無意識のうちに気が緩んでしまい・・

再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間があるため、だれた生活になってしまいます。しかし、そんな生活に慣れてしまうのは危険です。なぜなら、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも問題が出てくるからです。そのうち、働く意欲が湧かず、お金に困る事態となりかねません。そうして、負のサイクルができてしまい、転職先を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事を決めることができないのは、給料を第一に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、止めておきましょう。