転職候補先で会社見学しておけば、たいへん参考になります。

転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学しておけば、非常に勉強になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しめます。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、日常の仕事風景を見せてくれることはまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことが大切です。ましてや、見学時に仕事体験させてくれる会社はとてもキケンですし、気を付けるべきです。雇用契約を結んでいない段階では仮に何かあっても、保証が一切無いので、仕事体験を勧められても丁寧に断るほうが良いでしょう。

    失業者が受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、ずっともらえるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、驚くことに知らないで失業中である限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで職を探してもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といったことくらいは大よその想像が付く。運が悪ければ、面接の際にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用されることはまずありません。

    今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 派遣会社に登録しています。ウェブサイト内で気の向くままに自分にぴったりの仕事を探し出して確認してみると「残念ながらその仕事は、別の人が採用されました」と断られてしまい一瞬ウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日に閲覧するとまた載っています。それって結局私だとよくないのだっていう意味ですよね。そういうことであるならば初めから変に隠さない程度ではっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまたもしかして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

    再就職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、こちらも名刺を相手に…

  • 再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を渡された場合、自分も相手の方に名刺を渡すべきかどうかと対応の仕方に悩んだときは、一般的には差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接においては仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、基本的には名刺を交換する時とは違います。さらに、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。それゆえに、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらとしては名刺を受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと思います。

    友人や知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。

  • 知人の紹介で転職の先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけれど転職先の労働環境、その他の労働条件といったポイントを知っている人からの口コミ情報のみで判断してしまうとあまり面倒なことになるおそれがあります。口コミの中でもそういう口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。それ故に紹介者的には、今よりずっとベターな職場環境に映っても、自身には、ストレスだらけの環境、、、という環境があります。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

    再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計・・

  • 再就職をする際の面接につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目立つ時計はやめておいた方が安全です。目立つ腕時計を詳しく言えば明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。その反対でチープに見える腕時計に見えるとか、そのような目を惹くということで真逆の意味で目立つ、ということで思い浮かべておいてください。面接のときにする腕時計についてはスーツやネクタイと一緒で、ビジネスの場にふさわしい安全なものを身に付けるほうが確実だと言えます。ただ、自身の年齢にあった腕時計であるということも必要な条件であり、新卒の頃に面接時に着けていたものよりは多少なりとも値が張るものにした方が好印象であるということははっきりといえます。