転職を予定しているのなら現在働いている会社を退社する時に…

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を退社する時・・

転職のために現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自発的に退職願を書いて退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険をすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの職員ともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けて即、失業保険が給付されます。

最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり…

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、会社名が公表されたりと厳罰化の方向に動いていますが、まだまだ完全ではないのが現状です。そのため、面接で見破る必要があります。求人票などに記載されている労働条件を見ておき、不安に思う項目についてあれこれ質問していきましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になることが多いです。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも食らいつくと、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

現在の自分の職場・業務内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の自身の職場や仕事に対する何かしらの不満があるはずです。「自身のスキル・能力が正当に評価してもらえない」そして、「給与は増えないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には自らの持っている手腕を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。という事態に陥りがちです。なので転職で成果を上げるためには、あなた自身のキャパシティを客観視することが大切です。

これから、労働力という観点において着実に思考を必要としない仕事は…

これから、労働力という観点においてぐんぐんと簡単な労働は機械で済まされるようになりそして、必要なマンパワーはどうしても減っていきます。なぜかというと短絡的な労働という観点では人が作業するよりも機械のほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順をずっと繰り返したりすることは機械では当然何の苦もありません。人間とは違って泣き言を言わないし、疲れることもないし、ズルもしないし、正確だしそれを均一化できます。おまけに人と違って給与が発生しないのも違いですね。なので、人を使う理由がなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの自然といえます。

「就職エージェント」大手には、多くの案件を持っている…

大手転職エージェントに限って、豊富な案件を持っているという魅力がありますが、それに比例するように、競合する転職希望者も多いです。そのためあなたが、気になる企業を見つけても、転職エージェントの担当者が「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先することも考えられます。つまり大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い応募することが難しいので、発想を変更して比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談すると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

転職活動を行うにあたっては、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

転職を行うとき、始める前に、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで転職したい会社を調べると思います。しかしながら、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はすべてを事実だと考えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、あれこれ理由をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。