転職の採用面接を受けに出向いたときのことです。

転職のための面接を受けに希望先の会社へ赴きました。

  • 転職の採用面接にある会社に行ったときのことです。会社にある部屋が空きがないというわけで外部の会場で面接をする方と待ち合わせて採用面接をし、当該会場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車内でも一緒に会話をしながら帰ることになり、すっかり緊張がほぐれ話が盛り上がり、それが功を奏したからなのか問題なく採用も手に入れることができました。

  • 近頃、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。

  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許権取得の経歴があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、メディアで取り上げられた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンディングのような連絡があった場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする会社もありますが、その手の業者は例外なく嘘であるので騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接にチャレンジする際には、…

  • クールビズの服装で再就職の面接に臨む場合、さすがにジャケットは着込まなくても大丈夫だと言い切ることができるわけですが、ネクタイだけはしておいた方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイもジャケットと一緒でなくても良いと認めている会社も存在することはあるにはあると思いますが、ネクタイにおいてはクールビズでもしなければならないと思っている企業がいくつか存在するわけです。そんな訳で、例えクールビズが許可されていてもネクタイにおいてはしてから行った方がベストであるということをわかっておいてください。

  • 派遣として働く会社が決まりました。

  • 派遣先の会社が決まりました。就業の初日に派遣会社の営業の担当者と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、営業担当者がどうしたことかコンビニの前にいないので店内にいるのではないかと考え店内に入っていくと、驚くことに雑誌売り場に座り込んでいやらしいグラビアのページを開けて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんて勘弁してだと感じ、そこで声をかけずにお店の中から出てすぐさま派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

  • 新しい仕事を探すとき、インターネットでのエージェン・・

  • 転職において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」要するに斡旋をしてくれる会社が存在しますが、仮にその種のところに登録し、運よく仕事を得ることができたとしても、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても給付してもらえないので注意すべきです。これと異なり、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職できたときは、就職のための準備金として、一時金を得ることができます。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。こういった点を押さえておかなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • 仕事のなかで心的な負担が大きくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら・・

  • 職場環境が原因で精神的につらくなり、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)と相談していくより家族などの近しい存在の人と相談しながら退職するか決めるといいでしょう。なぜならば、仕事をするということは当事者であるあなたですが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どれだけ高給をとったからといって、メンタル面がボロボロになるほど無理しながら働くのは良いはずがありません。現在では、金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族、あなたの心のケアを忘れないようにしましょう。