転職すると、だいたいの場合は以前の会社の仕事の大方は美化された記憶となります。

仕事を変えると、だいたいの場合は以前の仕事の出来事は美化されます。

  • 仕事を変えた際には、だいたいの場合は前職は大方の出来事は美化されます。実際のところ現在の職に合意できない点があるから、そういった思いをどうにかするために、せっかく退職を決め、再就職を決めたはずなのに、気が付けば新しい会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じる機会が増えてきます。それというのは極めて当たり前のことで、前職は日々の仕事をこなすことに慣れていてさほど苦労なくやるべき業務がたやすく消化できていたのも大きい理由ですが、ところが、「退職するんじゃなかった」というほど、前の仕事の方が職場環境や居心地が良かった可能性もあるはずです。

    求人情報を見る際、例えば、事務系の仕事がしたいから・・

  • 求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほどはなから製造業をスルーしてしまっていますが、そんな人は「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく人事・総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部署もかなり存在します。とはいえ、製造業がある場所はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうであったとしても、自分の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

    過去に失業保険を受けた経験のない人は、じっとしていれば受け取れると思っている人…

  • はじめて「失業保険」を受ける際、じっとしていれば受け取れると考えている人が少なくありませんが、それは誤解です。現実には、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、仕事探しを行っている必要があり、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。仮に、真面目に就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さないときは、情け無用で給付が見送られたり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために充分に気をつけてください。

    今のご時世では、株・不動産投資といった、不労所得で儲けたり・・

  • 現在では、株や不動産投資等の不労所得で生活資金を得たり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長期に関しては先行きがみえない株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇われているほうが大いに安定性にすぐれており、人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、世の中に認知されていました。そんな時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」とも言われています。将来は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

    日本には「石の上にも三年」という教えがあります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という格言があります。「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。とはいうものの、誰もが簡単に転職できる簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職を検討する際は、時期を的確に捉える必要があります。最初に、今現在の職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して納得できない点を10個程度、探してみてください。そうしておくことで、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、尻込みすることなく、より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。

    転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。大半の会社が履歴書及び職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。単に文字を書くだけにとどまらず、内容の充実を図ることも重要です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記入してみましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく記載しましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、利用することも転職を成就するための有効な方法です。