現実に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることの証明が必要になります・・

実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付については、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。でも、現実は「会社を辞め少しの間でものんびりしたい」というのが現実だと思います。なので、真剣に次の仕事先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは当然のこととして、そこで、求人票の閲覧は最低限やってください。真摯に探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が意に反して確認できませんでした」と言って、次の機会を狙いましょう。

  • 転社を度々しないための術が一つだけあります。

  • 転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返しません。現在はインターネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。また、転職とは全然違う行動でも、精神面を鍛えさせてくれます。その最たる例は「海外旅行」ですね。外国は、文化も言葉も大きく異なるので、刺激が山ほどあります。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、これまでとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

  • 転職の採用面接を受けるため転職したい会社へ伺いました。

  • 転職したい会社の採用面接にとある会社に出向いたときのことです。たまたま会社にある会議室が空いていないとのことで会社外で採用担当者と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。ですから電車内でも面接担当者とずっと世間話をしながら帰宅することになり、お互いリラックスして面接よりお話が弾んで、それが良かったのか運良く採用を獲得することができました。

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を提出した経験がある人や、TVで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われることを言われた際には、そうなったきっかけを考えてみてください。たまに、ヘッドハンティング名目で「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そのような業者は間違いなく嘘であるので騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が負担するものではありません。

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接にチャレンジする際には、…

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接に行くときには、ジャケットはさすがに着用していくことはないと分かりますが、ネクタイは面接ではつけている方が印象的には良いです。ネクタイなしで大丈夫だと認める企業も存在する可能性はあるにはありますが、ネクタイはクールビズであろうとつける必要があると決めている会社がまあまあ存在します。そのような訳で、例えクールビズが許可されていてもネクタイに関しては着用いく方が悪い印象を与えることがないということを認識しておいてください。

  • 派遣で働く会社が決まりました。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。勤務開始の日に営業担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、どういうわけか店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いお店の中に入ってみたら、担当者はなんと雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて閲覧しているのを発見しました。こんな担当の人のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、声もかけずにお店の中から出て直ちに派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。