最初に転職をするとき、頭に入れておかなければいけないのは…

生まれてはじめて転職をする際、なぜ現職を辞める必要があるのか…

最初に転職を行うのであれば、頭に入れておかなければいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかをはっきりしておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その上で問題改善が見込める企業を選んでみましょう。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を続けていくので、時間と体力が必要です。だからこそ明確な理由がないままに転職しようとした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という感じの強い気持ちがない場合は、転職活動の開始はやめておくのがいいでしょう。

違った会社に入りたいと転職をする活動をしている中の場合には…

違った会社がいいと転職活動をしている中の人というのは、「1日でもはやく、内定(採用通知)が欲しい」と思いがちです。ですが、その気持ちが強くて内定通知を欲しいばかり、自分自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその逆で過小評価につながるマネは出来るだけよしましょう。焦る気持ちをガマンして、落ちついて自分に最適の職場を見つけることに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く見極めていきましょう。

数年前の求人情報に募集条件の中に「性別」について、きちんと明記されていました。

昔の求人情報では、性別が書かれているのがほとんどでした。ですが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用時、男女差別があってはならないとして、求人情報内に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、求人を出す側としては、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際問題、実際は男手を希望の企業に女性が応募したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してくる、でも不採用となる可能性が高くなります。仮に、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが確実です。

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。すぐに…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。2、3日して先方から面接の日時を指定してもらいました。それなのに、当日、指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が面接準備を全くしていませんでした。しばらく待っていると、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、驚くほど面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接が終了しました。ですが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局届かず、そんなわけでもう一度問い合わせてみた結果、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまいました。私は呆れて言葉を失いましたが、採用されなくて良かったと痛感しています。

転職活動といえば、企業そのものよりも、採用担当の面接係員と…

転職活動は、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との勝負が大半といえます。面接係員に良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接官は第一にあなた自身の人間性や人柄を見られるので悪い評価になるような身なりは気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて整った服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職の際の面接は、中小企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

転職の際の面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねは人事担当者になりますが、別のケースもあるようです。具体的には、共に仕事をする責任者、言い換えれば中間管理職である課長や部長が当たることになるでしょう。特に、営業や事務といった部署に転職する場合は、資格のみでは人の判断をするのが難しいですから、自主的に自分自身をアピールしていくようにするべきです。担当者から「この男、なかなか言うし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。