新しい仕事を探す際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

新しい仕事を探すとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

  • 新しい仕事を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼ることもありますが、たとえその業者に登録し、幸運にも新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険とは何の関係もありません。ハローワークを使わずに就職しても失業保険は給付されないので気をつける必要があります。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋してもらって就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための一時金を受け取ることが可能です。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。この点について知っておかないと失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、そうならないように気を付けましょう。

  • 働く中で回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしま・・

  • 仕事のなかで回復が難しいほど心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、会社と相談ではなく自分の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜなら、働くことは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく高い給料をもらっていたからといって、精神がダメージを負ってしまうまで我慢して働くのは好ましいわけがありません。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、働きやすさを優先する生き方も認知されつつあります。あなた自身の家族や、あなた自身の心も大切にしましょう。

  • 仕事を始めてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社したはじめの年度は、ほとんどの場合「研修期間」が入っている会社が多数で、私自身の転職では、労力を費やして手にした職なのに、予想に反して以前の会社での年収とほとんど差がありませんでした。おまけに、仕事内容はきつく立場上責任を伴い、1年目を越すのもひどく苦労しました。そういった経験を踏まえると、初年度は、仕事を覚える年と割り切り、なるべく転職以前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 転職先を決めるのに、もちろんやりがいを考慮することも重要だけ…

  • 転職先を決めるにあたって、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だけどそれにとどまらず年収が増えることも大切なので「年収比較サイト」に登録して前もって調査をしています。全く同一の会社でその上同一の職種、経歴であるにも関わらず人によってとても違いがあることも複数あって、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接官も一緒のサイトを見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた側もある程度は予測できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 転職先を探している期間中は、「趣味」に没頭することに加…

  • 転職期間中は、自分の好きなことに没頭したり、体力を損なわない生活がベストです。仕事が決まり、復帰した時に、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中しやすい体質になっています。そしてまた、体力アップしているために、他の社員さん以上に疲れにくいということを自ずと認識することができます。なので、趣味に打ち込むことと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。転職後、働き出した会社であなたと同様の趣味を持つ人と巡り会えれば、友達になれるキッカケにもなるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 転職サイトに登録した場合、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

  • 転職サイトで登録したあとに、何回も電話やメールをしてきます。これに対して初めて利用した人はかなりびっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務だと考えられるので、大変積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金がもらえる仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。さらに、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出た瞬間に、入社を強引にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職に妥協しないように注意しておきましょう。