年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当は勤めている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらに支給される失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の直近の給料をもとに失業手当の金額を計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 今までは、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で探していました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。というのも有名な「転職サイト」は、やはり都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、転職する際は「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、求人募集をするいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、地域密着という点では都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークは地味なイメージがある」と思われている人も多少いるかもしれません。ですが、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、数年以内に転職について不安がある方は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのように大量のニュースレターの心配もありません。

  • 自分のスキルを活かしつつ、転職を考える場合に、比較的、再就職がしやすいジャン・・

  • 今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職したいと思っているなら、転職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を認識しておきましょう。再就職が容易な業界としては、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」の分野が最たる例です。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、仕事がきついからと異業種に転職する事を考える場合、注意が必要です。他の業界では人材の流動性はかなり低くなります。ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

  • 看護師でありながら違う職業に「転職しよう」と思う原…

  • 違う仕事に転職の原因は一人ひとり違います。さまざまな理由がありますが、看護師を辞めての転職するには「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚で自分勝手にできなくなって出産加えて子育て加えて家族の介護など、いろいろな身近な家庭環境の変化によって今までのようには仕事が難しくなってしまった」「現在の給与体系に不満を感じている」というような問題があるのでしょう。しかしながら、実際に転職される前にどうして転職をしたいとと、頭を冷やして沈着冷静に現状を見つめ直すことも重要です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。

  • 転職のための活動を行っていて面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていると、「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。これらのうち志望動機に限っては、正直に話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について率直に話すのは問題です。例をあげれば収入面の不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接官に好印象を与えるものではありません。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この企業に入社してこういうことをしたい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 転職活動時に注意すべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高…

  • 就職するため仕事探しをする際に特に注意すべき求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間とか45時間という風に求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるのではじめから給料に残業代を入れて計算しておく、といった仕組みです。(合法です)仮に求人に『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という話になるわけです。しかし、悪質な求人には『みなし』をわざと記載していない場合もありますので気をつけておきましょう。