安定性を送りたいと正規社員を目指している人は少なくないでしょう。

安定的な人生を求めるべく正規の社員になろうとしている・・

  • 安定した生活を願い正規社員として働きたいと考えている人はかなりいらっしゃるはずです。即戦力として働けるようにいくら頑張っても正規雇用が叶わないケースも少なくはいはずです。非正規雇用者の求人が目につくのに正社員の求人情報以外には目もくれず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。しかしあなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、契約社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員を募集している企業であっても、働きぶりによって数年で非正規雇用から正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですから面接の最後に「正社員登用」のチャンスの有無を聞いておけば人生設計にも役立ちます。

    いよいよ転職することをするのなら、今いる仕事・業務での納得いかない部・・

  • いよいよ転職を希望しているのなら、直近の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満があるから転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて現在ある業務や仕事の問題を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。その次に仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることは可能なはずです。

    仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても色々でほぼ不満足を感じるアドバイザーでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと心して向かい合ってほしいという想いが高まってきてその事がきっかけとなってキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。その資格を取得できるまでにはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強の面もかなりハードですが、仕事を探している人からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるべく努力しています。

    再就職する場合、準備は必須です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、特に「ファッション」を大事な部分だと感じてしまいます。ただ、ここ最近の、面接に関しては、私服で大丈夫な会社があるので、きっちりビジネススーツを着て出向かなくても良いでしょう。とくに創業したての会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。そして私服なら、面接中、洋服の話もしやすくなりますから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、今から転職は会社の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

    転職しようと思っているならこまめに多種多様な企業の情…

  • 転身を視野に入れているなら労を惜しまずにたくさんの企業を定期的にチェックすることが、転身した後の見る目にかなり役立ちます。あなたが現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、転職活動する際に、どの会社も魅力的です。そうなってしまうと、どこを選んだらよいのか判断できなくなり、選択を誤りかねません。すると、直ぐに退職してしまうおそれもあるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、会社の取引先を見る事です。透明性ある良い企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、よく見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

    転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と必ずと言っていいほど質問されます。こういった場合、どんなにあなたが正しくとも、以前の職場の労働環境や人づきあいについての不満に受け止められる返事は、できる限り口にするのは避けるべきです。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、印象が悪くなってしまい、チャンスを棒に振ってしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのがかなり大事です。あくまで「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、御社に貢献していきたいと考えています。」のようなアピールの仕方が担当者には受けます。