大規模な転職エージェントは、様々な案件を持っているという強みがあるといえます…

「就職エージェント」の大手になると、多種多様な案件を取り扱って…

  • 大きな転職エージェントに限って、様々な案件を持っているという長所がありますが、その反面、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。それがために気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが見込みが少ないと判断すれば応募してもらえないこともザラですし、企業から見てあなたよりも有能な人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。大手エージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており意外と駄目で、策略を変えて中小レベルのエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。
  • 転職活動を始める場合、まず、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職活動をするとき、事前にハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして気になる会社を調査するはずです。しかし、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった社長の方針や社員の感想に関しては、額面通りに捉えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は難癖をつけて、辞めさせないように仕向けてきます。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら…

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは勤めている会社でもし「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取れることもあります。このとき、失業手当の金額は仕事を辞めた月の近々の給料を基準に算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 以前の私は、「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 前は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で探していました。というのも大手の転職サイトはどうしても都会や大手の求人がほとんどだからです。そのために、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、地域に根ざした情報がピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と感じている人が多いかもしれません。良い求人もそこそこ掲載されているので転職を本気で検討しているのなら、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトのように多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動する場合は、…

  • 今ある自分のスキルを活用しながら転職を考える際は、比較的、再就職しやすい業界とそうでないものとを大まかに知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、常に人手不足になっている「医療・介護」系がその最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師および介護士の「資格」が必須なため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。こうした業界で働く人が、仕事のきつさから、異業種に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は決して高くはないのです。なので、簡単に考えない事が必要です。転職をされるのであれば、他の業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 違う職に転職に至る理由は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 他の職に転職する原因はその人によりけりです。考えてみると看護師でありながらの転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産それと子育てそのうえに親の介護など、さまざまな変化によって今までのようには働き方ができなくなった」「現在の収入に大きな不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくり冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。