もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」のように…

転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」において都市部から地方へと移住したうえで転職してみた…

  • 転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える人も多いです。最近では転職サイトを使えば、国内のあらゆる場所の求人もいつでも簡単にアクセスできます。残念ながら地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって求人サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトとともに、その地方の自治体や商工会議所のサイトも定期的に確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの関連情報も見ておくと間違いがありません。

  • もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • もしも転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が大きく変わるおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。また、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。上記のトラブルを避けるために、今の仕事場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで維持したまま、最高の形で仕事を辞めることが出来ます。加えて、円満退職になれば、転職後、何かあったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。規模などに関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切であるため、会社を辞める時のトラブルは控えましょう。

  • 転職したいと考えている会社での見学に参加するとたいへん参考になります。

  • 転職先で会社見学しておけば、すごく参考になります。とりわけ、「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られるので楽しくもなります。しかしながら「職人」がいる会社見学ではほぼ見学者には、普段の仕事現場を見せてくれることは少ないです。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この分野では、個人のプライドが強いので入社してからでないと、本来の姿は伺えないものです。そのため、仕事=見学内容と考えないことが賢明です。それに加えて、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社はキケンなのでハッキリ言うと「論外」です。雇用契約を結んでない人には仮に問題が発生したとしても、それに対する保証などありません。進められても丁寧に断るようにしましょう。

  • 失業したときに給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが…

  • 失業者に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付される期間について規定があります。失業時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、驚くことにこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り大急ぎで職を探しても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといったことくらいは大よその想像が付く。もしかすると、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。

  • 派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣の会社に入っています。サイト上で気の向くままに自分に合っていそうな仕事を発見し応募したい旨を伝えたところ「残念ながらその仕事は、別の人で話が進んでいます」という答えが返ってきて一時的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか次の日になれば元通りに掲載されています。ということは結局私だとよくないのだってことですよね。そういうことであれば最初からカドが立たない程度で正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。そうでなければもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?

  • 転職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された時、…

  • 再就職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきか?と悩んだ際は、大体の場合は渡す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。面接というのは仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動の一環です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする場とは異なります。また、会社の人として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。ですから、もし相手から名刺を差し出されても、こちらの方は名刺を受け取るだけでよくて、相手に渡す義務は少しもないと考えられます。