もしあなたが、婚活アプリを使って異性との出会いを探すときは…

婚活を目的としたアプリを用いて異性との出会いを探すとき…

  • もしもあなたが、婚活に関するアプリなどを使用して出会いを探す場合は、気を付けたほうがよいことがあります。インターネットを挟む出会いの場合、プロフ写真・メッセージなどではいい感じだったのに、本人に会ってみたら、イメージとかなり違ってがっかり…といったケースがよく起こります。そんなわけで、そんな状況を回避するためにも、まずは、プロフ欄にある写真が自撮りであるものは額面通りに解釈しないのが無難です。アップされた写真は、奇跡的にうまく撮影できた画像の可能性もあるし、それに、写真は撮影後に編集ソフトで修正している可能性もゼロではありません。さらには、顔の上半分だけとか横顔だけのものも注意です。

  • 結婚相談所に入会していた時、お見合い用の写真と実際に会った…

  • かつて結婚相談所に入会していた際、お見合い用の写真と実際にお会いした姿との差に驚いたことは少なくありませんでした。女なので、紹介してもらっていたのは男性なのですが、とりわけ髪の量が(ハゲてるとかではないですが)全く違うことがあるのです。初めての待ち合わせをした際に相手を見つけ出せないほど、写真より髪のボリュームが明らかに少量なのです。(髪の毛で顔の印象も違ってきます)私はこのような出来事を特に責め立てようというつもりはないのです。髪の毛の量が少ないということが良くないとは言いません。私はただ最初に相手が見る「写真にうそがある」というのは、信頼関係に亀裂が入るのでは?と思ってしまうのです。写真を撮影する際にそうしたボリュームにできるのなら、大事なお見合い当日にも一生懸命頑張ってセットしていただきたいですし、もしも、できないのならば初めからもともとのスタイルで勝負すべきではないのでしょうか。騙されたような気分になって、お見合いに関しても気持ちが入らなくなってしまいます。男の方はしっかりと考えて私と同じように感じる女性は多いと思います。ですから、男の人はしっかり考えてお見合い写真を撮影された方が好ましいと考えます。

  • 日常の私は、とても明るく、ポジティブなタイプですし意思をハッキリ伝えるのが好きです。

  • 私は、とても明るく、誰と会話してもハキハキした受け答えをします。結婚活動目的で開催されるパーティーでは、もじもじした大人しい女性になりきってみたかったのですが、かなり難しいんです。何よりも、自分で自分を恥ずかしいと感じることもありました。けれど、とある結婚活動目的のパーティーでは、控えめな女性になりきることができました。周りが知らない人という安心感もあって、勇気を出して、「聞き上手」な控えめな女性に変身してみました。普段の私は、積極的に話をしているのですが、終わりまでずっと、自分からは話さずに男性が話をしている間、常にニコニコしながら相槌するだけ、という実にシンプルな方法を選択しました。わたしと正反対な態度が功を奏したのです。

  • 結婚活動(婚活)がうまくいっていい人を見つけられたら、…

  • 婚活がうまくいき気の合う相手と巡り合えたら、その次にするべきはデートですよね。初デートは今後を左右する一大イベントでもあります。男性の中には、女性をリードしてあげるのは男として当然のことだと思っている人もいます。この間違った思い込みのせいで、しくじってしまうことが多いようです。確かに大抵の女性は、基本的にそういった状況では、受け身でいるケースが多いですが、男性側が相手のことをまったく考えずに、自分で勝手に決めてしまうことは、ただの自己中心的な考え方といえます。逆に、何のプランもない優柔不断すぎる男性もダメなのですが、自分で勝手になんでも決定するといった行動は、相手にとってはストレスでしかありません。女性は自分勝手な人がキライなので、自分本位に映る言動は控えてください。デートは、楽しむことが大事ですから思いやりを持ってデートを思う存分楽しんでください。

  • 結婚活動で大勢が参加するお見合いパーティーが得意でない人は・・

  • 婚活でたくさんの人が参加するお見合いパーティーが得意でない人は、特にフリータイムが苦手な方が多いと思います。婚活パーティーでは必ず設けられているフリータイムの際に誰からも話しかけられないと、消えてしまいたくなるものです。それを避けるために、そんな方におすすめなのは、個室のパーティーです。個室の婚活パーティーとは個室タイプだとフリータイムが省略されている場合が多く、もしもフリータイムがあったとしても、スタッフがサポートを行ってくれたり、あらかじめ話し相手が決められていたりするので惨めな思いをしないで済むのです。それに、個室の場合の良い点はそれだけではなく、他の出席者を見ないで済むので、自分より綺麗な方を発見してすっかり自信を失って自爆しなくて済みますし、加えて、他の方の目を気にせず一人の相手だけに集中することができるのも良いところです。ですからお見合いパーティーが苦手で、これまでに一度も行ったことがない人は、まずは個室の婚活パーティーを探して気楽な気持ちで行ってみることをぜひ推奨します。

  • 現時点での婚活状況を見ると、男性の年収が300万円ぐらいの場合だ・・

  • 最近の婚活事情では、年収300万ぐらいの男性の場合は、はっきりいって資格を持っている女性、結婚後もバリバリ働ける女性はいいなあと思います。ですが、500万円程度の場合だと、パートレベルでも「私も家計を支える意志がある」という完全には専業主婦を希望していない、気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。さらに、相手の年収が700万円を超えている場合は、完全に家庭に入って、きちんと育児・家事にがんばるということを訴えると成功しやすいです。そのようにすることで男性としては将来に安心感を覚え、パートナーとしての信頼を勝ち得やすく、時間をムダにすることなく、無理なく婚活を進めていけるでしょう。