ついこの間、転職したばかりであるにも関わらず、早期・・

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに退職を決断する人がなんとなくよく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみると私見ですが新しい職場を手に入れたものの、「理想としていた職場と大きくかけ離れていた」「会社のルールに慣れなかった」という理由で別の仕事を探すことが珍しくないといいます。こういった、転職先選びで避けるためにはまずは前もっての情報収集を欠かせません。業務におけるルール、通勤にかかる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして現…

  • 私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務を選択しなかったのでやはり給料は安くなりました。しかしその分、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生の頃に資格を取り、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。きちんと資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと思ってしまいます。これまで、自分と比べてしまうことが気分が落ち込むことが多かったのですが、結婚し、随分と生活環境もかなり変わり、前よりも将来の目標も決まり、自分の人生に満足できるようになりました。

    将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職と付き合う事が出来れ・・

  • 楽しみを見出しながら再就職をすることができれば、精神的な重荷を抑えられるので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。それに精神的な箇所が健やかな状態であれば、じきに転職先も見つかるはずです。そうする為には、ブランクを設けないで転職先を見つけることが大事です。現在の会社に勤めながら、次を見付ける形がベストだと思います。そのうえ、隙間をなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、仕事をしていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。先のことを考えながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。

    女性の転職において、近年と一昔前では若干の変化があったりします。

  • 女性が再就職するに当たり、一昔前と現在と多少の変化があるようです。前までは会社側から結婚観や出産後の考え方などに関して、当たり前のように質問していました。しかし、最近の動向としては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない企業の方が多くなっています。そして、特に大企業ほど、NG質問として神経質になっています。しかしながら実際、会社側は、〇か×かの2択ではなく、その女性の姿勢、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいとは思っているはずです。自身の将来設計を理解しておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて話すことで企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。ですので、質問されてない箇所についても、あなたの方から気を遣って話をしておくのが良いです。

    転職の活動を行う際は、何よりもあなたの心のうちがスッキリしてい…

  • 転職の活動を行う際は、最初にとにかく自分自身の内心が慌てないということを忘れないようにしましょう。会社で働きながら転職をする活動をするのであれば、あまり気にする必要はありませんが、退職してしまってからする場合だったら、かなり心のうちが焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静に転職活動を続けていきましょう。今後、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを具体的にしてみてください。そして、実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、徹底的に見極めましょう。しっかり考えることで良い転職先が見つかりやすくなります。

    就職活動において、年収は絶対に無視できません。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性は普通はありません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になるかもしれません。